キレイデボーテ リペアセラム 使い方

キレイデボーテリペアセラムの使い方は?

 

 

キレイデボーテリペアセラムがシワに効果が期待できる美容液と言っても、使い方を間違ってしまうと期待していた効果を得ることはできません。

 

 

そこで今回はキレイデボーテ リペアセラムの使い方についてご紹介したいと思います。

 

 

公式サイトにも使い方の紹介はありますが、たったの3ステップでケアできちゃいます。

 

1、洗顔料で汚れや化粧を落とす

 

キレイデボーテ リペアセラムの美容成分がお肌にしっかりと吸収されるように、洗顔料で顔の油分や汚れ、化粧を落としてください。

 

 

2、キレイデボーテ リペアセラムを使う

 

まずは1滴だけ手に取ります。手の平全体に伸ばしてから顔を覆うようにしていきます。
その後、気になる部分にもう1滴を塗りこんでください。

 

 

3、化粧品やオールインワンジュレを使う

 

水分と美容成分を肌に入れたら、しっかりとふたをします。

 

たったのこれだけ、気になるシワのケアができちゃうんです。

 

 

乾燥肌が気になるという方は、洗顔の際、洗顔料に1,2滴、垂らして洗顔をするとしっとりと洗い上がります。

 

 

キレイデボーテ リペアセラムのおすすめの使い方もご紹介します!

 

1、ホットパック

 

顔全体にキレイデボーテ リペアセラムをたっぷり塗ります。
顔、首、耳をマッサージした後、ホットタオルを顔、首、耳を温めるように乗せるだけで、ホットパックとしても使えます。。(各ゆっくり3分)

 

2、リップケア

 

唇を輪郭に沿ってクルクルとマッサージするようになじませてください。

 

3、ハンドケア

 

指先、爪、爪の周辺、関節にキレイデボーテ リペアセラムをたっぷりと塗布、その上からハンドクリームを重づけしてください。

 

 

キレイデボーテ リペアセラムの浸透力を高めるコツとしては、体温です。

 

擦るように塗ることは、肌にとって刺激となってしまいます。キレイデボーテ リペアセラムを手の平にとって 、約10秒ほど温めるように優しくハンドプレスしてください。

 

こうすることによって肌に刺激を与えずに、成分が浸透しやすくなります。

 

 

しっかりと肌の奥深くまで成分を浸透させたいからといって、肌にゴシゴシと力強く塗りつけるようなことはしないでくださいね。

 

肌に刺激を与えることは美容の観点からも良いとは言えませんからね。

 

ニキビや肌荒れの原因のひとつには肌への刺激が上げられていますからね。

 

 

こちらで紹介した使い方やアレンジした使い方も公式サイトに掲載されていますので、詳しい使い方は公式サイトを確認してみてください。

 

 

キレイデボーテ リペアセラムの公式サイトはこちら!

 

⇒ 乾燥による小じわ対策美容液『キレイ・デ・ボーテ リペアセラム』