キレイデボーテ リペアセラム 成分

キレイデボーテ リペアセラムに配合されている成分について

 

 

効能評価試験でその効果が実証されたキレイデボーテリペアセラムですが、なぜシワへの効果を期待できるのでしょう?

 

キレイデボーテ リペアセラムに配合されている成分について調べてみました。

 

・オリーブ果実油

 

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

 

・プラセンタ脂質

 

 

「いろんな成分が配合されてるのだろうなぁ」と思っていたので、たった3つの成分からできているということでびっくりしました。

 

たった3つの成分の組み合わせで、シワへの効果を期待できる美容液ができちゃうんですね。

 

 

オリーブ果実油

 

オリーブの果実から取れる薄い黄色または薄い黄緑色の植物性油脂です。

 

オリーブは中央アジアや地中海沿岸、南アフリカ、中央アメリカなど多くの場所で取ることできます。

 

保湿効果が優秀で、肌を柔らかくし、水分の蒸発を抑える効果があるんだとか。

 

いまでは多くのクリームやマッサージオイルに使われていますよね。

 

またベビーオイルに使われているということからも安全な成分であると分かると思います。

 

 

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

 

液体状の油溶性ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体といえば、エイジングケアにおすすめの成分、ビタミンCの抗酸化作用やコラーゲンの生成を促進する働きを高めるとされています。

 

シワやたるみ、しみやくすみに悩んでいる方にはビタミンCは欠かせない成分ですね。

 

最近では多くの化粧品や美容液にも使われている成分です。

 

 

プラセンタ脂質

 

プラセンタとは豚や馬、羊の胎盤から摂るものが一般的ですが、キレイデボーテリペアセラムに配合されているプラセンタは油溶性プラセンタエキスを使っています。

 

油溶性プラセンタエキスは水溶性プラセンタに比べて高い保湿力があるそうです。

 

そもそもプラセンタには多くの美容への効果が期待されている成分です。

 

保湿効果はもちろん、皮膚の血行促進効果、新陳代謝を高める働き、メラニンを排出する作用、肝斑改善効果、色素沈着を防ぐ効果などがあるとされています。

 

シミ抑制作用とシミ排出作用があるということから美白を謳っている化粧品もでていますが、実は厚生労働省が認可している有効成分なんだそうです。

 

だからプラセンタが配合された化粧品はは医薬部外品化粧品となります。

 

 

キレイデボーテ リペアセラムに配合されている成分について簡単にまとめましたが、いかがだったでしょうか?

 

効果や成分についてもっと詳しく知りたいという方は、公式サイトがおすすめです。

 

 

キレイデボーテ リペアセラムの公式サイトはこちら!

 

⇒ 乾燥による小じわ対策美容液『キレイ・デ・ボーテ リペアセラム』